生花販売のアルバイト

私は高校を中退して、進学も就職もせずにいた時期がありました。

そのとき、母がスーパーマーケットで求人の張り紙を見て応募を勧めてくれたのが、そのスーパーの一角に店舗を出している花屋さんでした。

年末はお正月用のお花を求めるお客さんで大変込み合うので、その時期だけの短期バイトの募集でした。

わたしはこれが初めてのアルバイトだったのでとても緊張していましたが、面接はとても簡単で、その場で即採用になりました。

働いているのはほとんどパートの私より年長の女性の方ばかりでしたが、とてもフレンドリーな職場ですぐに馴染むことができました。

主な業務内容は生花の管理販売です。

朝は届いた花を水切りし、不要な葉を取り除いたり同じ長さに切りそろえて店頭に並べていきます。

営業中はレジを打ったりお花を包装したりする合間に、花瓶の水を取り替えたり、傷んだお花を取り替えたり、花束のセットやアレンジメントを作ったりします。

花束やアレンジメントは原価を考慮しつつ自分でお花の組み合わせを決めるので、慣れないうちは難しかったですが慣れてくるととてもやりがいがあって楽しい仕事ですし、自分の作ったアレンジメントをお客様に選んでもらえたときは格別に嬉しいです。

レジは、商品にバーコードがついていないので店内の商品の値段を把握しておかなければならず、初めはスムーズにできませんでしたが、一週間も働けば自然と覚えることができました。

その他、掃除などの雑用もありますが、働くことが楽しくて苦にはなりませんでした。 時給は619円で、お世辞にも高いとは言えませんでしたが、その時の私にとっては十分な金額でした。

初めは年末だけの短期の予定でしたが、結局私の進学が決まるまで働かせていただきました。

この仕事のデメリットは、水仕事が多いので手が荒れやすいということです。また、わたしは違いますが花屋で働くようになってから花粉症になったという方も少なくありませんでした。

ですが、接客のスキルが身についたり、花に詳しくなれたり、フラワーアレンジメントができるようになったりとメリットも多い仕事です。

でもあれから3年、今では夜の世界で働いています。しかも風俗関係の仕事です。もちろん親も知りません。。。

今の仕事に就いた理由は、単純に給料がたくさんもらえるからです。あまり人には言えない仕事ですが、頑張っていますよ。

月に100万ぐらい稼ぐ事も出来ますしね。でも、逆に金銭感覚がくるってしまい、100万円あってもお金に困ることがあります。

買い物なんて、値段も見ずにしてしまいますからね。結局、カードローン(風俗嬢カードローン)でお金を借りてしまい、今は借金がある状態です。

何のために頑張ってるのか・・・って感じですよね。

どこでどう踏み外したのか、あの花屋で働いていたころが懐かしいです。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>